多摩手箱のご紹介

多摩手箱のカルチャー

花と遊ぶ フラワーデザイン

花と遊ぶ フラワーデザイン

開催:毎月第4木曜日 講師:鷺直 由紀子(さぎなお ゆきこ)

2015年 5月のフラワーデザイン
「父の日にも飾ってみたい!!」
~応用のきくギフト用アレンジメント~
テンガロンハットを形どった花器に
  • 父の日にも飾ってみたい!!

ガーベラ、バラ、スターチス…色とりどりの花が…
黄色い花を送るのが父の日の習わしだそうです。
水色に黄色、オレンジ色、緑…鮮やかな色彩が爽やかさを醸し出します。

花  材
  • サンダーソニア
  • スプレーバラ
  • ガーベラ
  • アイビー
  • スターチス
資  材
  • スポンジシート
  • プラスチックカップ
  • 吸水スポンジ
  • リボン
  • ワックスペーパー
  • セロファン
Memo

作り方作り方

  • ① スポンジシートを直径 24 ㎝にカット。中心直径6㎝に切り込みを入れる。円の縁2ヵ所に切り目を入れる。
  • ② カップにはめ込み両面テープで貼る。
  • ③ リボンをカップの底から貼り、スポンジシートの切れ目に通す。
  • ④ カップをワックスペーパー(25 ㎝×25 ㎝)で包む。輪ゴムで止め、リボンをセットする。
  • ⑤ カップにセロファンと吸水スポンジをセット。
  • ⑥ 手作りピックを付ける。
  • 工作 20 分。さぁ花を活けましょう。いささか花器の工作には自信なさげだった皆さん、花を手に取ると目も爛々。いつの間にか言葉もとぎれて…。無我夢中のひととき。

  • 記念撮影。メッセージカードも書き添えて。同じ材料を使っているのに、 こんなに違う。そしてどれもがステキです。これが多摩手箱風。鷺直先生のポリシーです。

  • 記念撮影の後は恒例の品評会を兼ねたお茶会です
    今日は受講者さんから
    「先生は一体どうやって、こんなアイディアが思いつくんですか?」
    と、質問がありました。確かにアイディア多彩! は鷺直先生のキャッチフレーズですが、果たしてその真相は???

    「まず、テーマを決めます。その月々に応じたもの。今まで“母の日”はさんざん作ってきたのに、“父の日”をテーマにしたことはなかったのです。そこで今回は“父の日”の贈り物として。テーマが決まったら、色を決めます。父の日には黄色い花を送る習わしがあるとかで、黄色をメインにします。そして花を決め、花器を考えます。お父さん=昔の映画=西部劇=カウボーイハット=テンガロハットとイメージしました。花器の素材を探すのにちょっと苦労しますが、イメージを具体化していくのは楽しいですよ♪」
    とのお言葉。なるほど!!

  • カメぱっぱも大満足でした。来月もまた楽しみです。次はどんなアイディアで、お花さんたちに会えるのかな(*^。^*)。カメぱっぱも大満足でした。来月もまた楽しみです。次はどんなアイディアで、お花さんたちに会えるのかな(*^。^*)。