多摩手箱のご紹介

多摩手箱のカルチャー

花と遊ぶ フラワーデザイン

花と遊ぶ フラワーデザイン

開催:毎月第4木曜日 講師:鷺直 由紀子(さぎなお ゆきこ)

2016年 1月のフラワーデザイン
「♡スイート バレンタイ♡」
~ピンク色に染まる アレンジメント~

「きれいで、かわいい!!」ピンク色とハートの世界。
スイートピーとチューリップのピンクに、かすみ草の白がとても可憐です。
そして花器の持ち手と、ガラスのエンジェルの手元のハート…。
“夢見る少女”のような、甘くて淡い少女の日の想い出。
いくつになっても、心の底に眠る少女の日の想いが彷彿します。
こんなバレンタインプレゼントをもらったら、
きっと、貴方も青春の日々を思い出されるでしょう。

  • 今回はピンク一色でまとめてみます。
    一本のチューリップに、スイートピーとかすみ草、 飾り物とのバランスを考えて…。
    また、どこにでもある一枚のお皿から、
    こんな素敵なものが出来る……
    それを学びながら、楽しんでいただきます。

花 材(造花)
  • スイートピー(SWEET PEA)
  • チューリップ
  • かすみ草
資 材
  • トレー(白い皿)
  • スポンジ
  • リボン
  • セロファン
  • ワイヤー
  • ハートのクッション
  • クラッシュストーン
  • エンジェル(飾り用)
Memo ※スイートピー マメ科、つる性の一年草、地中海沿岸原産

作り方作り方

  • ① 花器につける持ち手を作る。イヤーにフローラルテープを巻き、その上にティシュペーパーを巻き、更にフローラルテープを巻く。数か所にボンドをつけリボンを巻き下ろす。
  • ② 花器に①で作った持ち手をテープでとめ、器のふちに両面テープでリボンを飾る。持ち手はハート型か円にする。
  • ③ 器にピンクのセロファンを敷き、スポンジを入れる。周囲にクラッシュストーンを入れる。
  • ④ 花を短めに活ける。
  • ⑤ エンジェル、ハートのクッションを入れる。
  • 花器の材料はこれだけ。さぁ、これがどう化けるか?
    それは、これからのお楽しみ(*^。^*)。

  • 花器作りは工作の時間です。両面テープやボンドを使って。時には協力が必要になります。

  • 「チューリップの葉っぱを切るのは忍びない…」「こんなに短く切ってしまって、 お花がかわいそう…」「短くきるには、なかなか勇気がいる」etc.
    「花はなるべく短く活けること、そしてチューリップとエンジェルをどこに置くかが、今回のポイントです」
    ……先生のアドバイスを聞きながら、皆さん、もくもくと活けて行きます。

  • ハートのクッションをどこに入れようか、ちょっと迷ってしまいます。飾り物の入れ方で、出来上がった作品の印象が変わります。
    ちょっと迷った時、他の人の作品を参考にさせてもらったり……。

  • 君は花より美しい!! 思わずニッコリ。笑顔が素敵です。

  • 先生を囲み、恒例の記念撮影。どの作品も甲乙つけがたい逸品です。
  • 先生を囲み、恒例の記念撮影。どの作品も甲乙つけがたい逸品です。

  • 来月(2月25日)は、果たしてどんなアイディアが繰り広げられるでしょうか?
    毎回毎回ビックリ素敵なアイディアに、皆さんうっとりです。
    ~乞う、お楽しみ!! 参加申込みは前日(2月24日)までにお店へ~