多摩手箱のご紹介

多摩手箱のカルチャー

花と遊ぶ フラワーデザイン

花と遊ぶ フラワーデザイン

開催:毎月第4木曜日 講師:鷺直 由紀子(さぎなお ゆきこ)

2016年 10月のフラワーデザイン
「今年の葡萄の出来はどうですか?」
~ギフト用アレンジメント ワインを贈る~

今年のボージョレ―ヌーボーの解禁は 11 月 17 日です。
解禁にちなんでワインパーティはいかがでしょうか?
そんな時のお呼ばれに持っていきたい一品。
喜んでもらえること、うけあいでしょう。

ワインの収穫をテーブルにそのまま届けるような
カメぱっぱもご満喫♪です。

これらの材料が どう変身するか?
これらの材料が どう変身するか?

楽しみです。
花  材
  • スプレーカーネーション
  • ブルーセージ
  • ヒューケラ(※)
  • アルテラナンテラ
  • ルスカス
  • ローズマリー
  • からすうり
※ ヒューケラ‥‥ユキノシタ科(ソムリエ・コレクション・ボージョレ―)
資  材
  • 器(バスケット)
  • 吸水フォーム
  • カップ
  • リボン
  • セロファン
  • ラッピングペーパー
  • ワインボトル
注 意 点 ギフトの品も作品の一部と考えてデザインする。
※ ギフトの品を取り出してしまっても、不自然にならないようにアレンジする。

作り方作り方

  • ① カップの大きさに吸水フォームを切り、セロファンとラッピングペーパーで包む。
  • ② カップの中に花や葉を生けていく。
    グリーンのルスカスで輪郭を作り、花を生けていく。動きがあるように後ろにも生ける。
  • ③ 生け終わったら、リボンを入れアクセントをつける。
  • ④ ワインのボトルを後方に入れて出来上がり。
    ※材料は全部使わなくても可。
  • 「左右不対称、中心をずらして、なるべく低く生ける」などなど。先生のアドバイスを受けながら、皆さん黙々と生け始めました。

  • 「誰にプレゼントをするかイメージして作ることが大切」。果たして皆さんは どんな想いで生けているのでしょうか? 無我夢中に生けている姿を見ている と、想いのこもったプレゼントを頂く人は、しみじみ幸せです(#^.^#)。


最後にリボンを作ります。
さてさて先生に注目。
最後にリボンを作ります。さてさて先生に注目。
先生の手先に熱いまなざし。 先生の手先に
熱いまなざし。
  • 終了後の記念撮影。今日も楽しいひとときでした。蔓でディスプレイにこってみました。

    「まさか‥ホンモノのワインが出るとは‼」と、ビックリため息。フラワーデザインにワインの組み合わせ。鷺直先生ならではの発想です。皆さんの驚きをよそに先生は「ワインに限らず、イベントにあわせて、ハロウィン用でしたらカボチャやお菓子を入れて、それにあった花で作るなど、いくらでもアレンジできますよ」と。まさに「暮らしの中の花と遊ぶフラワーデザイン」です。

  • 来月(11月24日)は、Xmas のリールにトライします。もぅ Xmas、早いですね。
    ~乞う、お楽しみ!! 参加申込みは前日(11月20日)までにお店へ~