多摩手箱のご紹介

多摩手箱のカルチャー

花と遊ぶ フラワーデザイン

花と遊ぶ フラワーデザイン

開催:毎月第4木曜日 講師:鷺直 由紀子(さぎなお ゆきこ)

2017年 2月のフラワーデザイン
「🌸春を愛でる🌸」
~ひなまつりや卒業、入学などお祝いの日のアレンジメント~

桃、スイートピー、フリージア、かすみ草
色鮮やかな春の花が勢ぞろい。
新しい門出に、
お祝いにふさわしい一品です。

華やかですね~。でもそれだけじゃない。
実はなかなかシャレがきいているのですよ。
今回、学びました“ファンアレンジメント”とは
扇を開いた形に構成されたアレンジメントのこと。
ゴールドに染めたシュロが扇を表し、
さらに花々が立体的に扇上に舞い、
根元にある赤い組み紐は扇の要だそうです。
(ファンとは扇の意味)




  • これらが、どう変身するのでしょうか?
花  材
  • スイートピー
  • フリージア
  • かすみ草
  • レザーファン
  • シュロ(ゴールドに染色したもの)
資  材
  • コンポート
  • 吸水フォーム
  • コルクボード
  • 赤い布

作り方作り方

  • ① 吸水フォームをセットし、後方にゴールドの扇を挿す。
  • ② 桃、レザーファンでアウトラインを作る。
  • ③ スイートピーをアウトラインにそって挿していく。
    (フォーカルポイント=焦点)を意識して
  • ④ 間にグリーンなどを挿す。
  • ⑤ かすみ草を立体感が出るように挿し、仕上げる。
  • ~今回の工作の時間は少~しです~ 花器を敷く布を作ります

    花器まで作ってしまうのがこの教室の特徴です。
    でも今回は花器ではなく、花器に敷く布を作ります。お雛様を意識して赤いひし形に作ります。
    耐久性を持たせるため、コルクに布を貼り付けます。

  • ~いよいよフラワーデザインの時間です~

    “自由に生ける”がモットーではありますが、今回はバッチリ基礎を学びます。
    お祝いのアレンジメントにもってこいの“ファンアレンジメント”です。
    まず、桃とレザーファンでアウトラインを作ります。これによって作品の大きさが決まります。

  • バランスを考えながら挿していきます。先生からのアドバイスは「平面的になりがちですので、立体感を出すように」とのことです。

  • 先生にチェックをしてもらいます。フォーカルポイント(焦点)は、同じ花なら大きめのものを置くなどポイントになるようにします。今回は黄色いフリージアがその役割を担います。

  • 完成後の記念撮影

  • 来月のフラワーデザインは3月23日です。
    て、どんな作品になるか‥‥乞う、ご期待。お楽しみに(‘ω’)ノ
    ~参加申込みは前日(3月22日)までにお店へ~