多摩手箱のご紹介

多摩手箱のカルチャー

花と遊ぶ フラワーデザイン

花と遊ぶ フラワーデザイン

開催:毎月第4木曜日 講師:鷺直 由紀子(さぎなお ゆきこ)

2018年 5月のフラワーデザイン
「緑の風の中に、香りを生ける」
~ハーブを使ったアレンジメント~

爽やかな季節を より爽やかに、
色とりどりのハーブを ガラスの器に活けます。
香りたかいハーブと 鮮やかなバラ、
そしてフトイを 幾何学模様のように 斬新に活けて、
視覚からも 嗅覚からも 楽しめます。

花  材
    ハーブ
  • ペパーミント
  • オーデコロンミント
  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • レモンバーム
  • プレーンパセリ

  • スプレーローズ
  • レースフラワー
  • シルバーレース
  • フトイ
資  材
  • 吸水フォーム
  • ▲ フトイ、スプレーバラ、レースフラワー(写真左) ペパーミント、オーデコロンミント、ローズマリー、ラベンダー、レモンバーム、プレーンパセリ(イタリアンパセリ)などのハーブ(写真右)

  • ▲ 本日の資材。涼しげなガラスの器、花器を乗せる皿、吸水フォーム。今回は花器をブルーに統一して、涼しさと爽快感を演出します。

作り方作り方

  • ① まず、容器にフォームをセットする。
    • 吸水フォームを器の大きさに切る。

  • ② デザインを考える。
  • ③ フトイで立体的な空間を作る。
    • フトイで作った空間の中に花やハーブを活けていくので、角度をつけ、ふくらみをもたせる。

    • フトイが折れたらワイヤーを挿して修正する。

  • ④ 空間の中にハーブグリーンを挿していく。
    • ハーブは低めに入れる。オアシスの中にしっかり挿すのがハーブを長持ちさせるコツ。
      吸水フォームが見えないように、ローズマリーで覆う。

  • ⑤ バラ、レースフラワー、ラベンダーをバランスよく挿す。
    • どの位置から見ても(オールラウンド)楽しめるように、花の配置などを考慮する。

  • 教室風景から...

  • 頭の中で考えたデザインを、ひとつひとつ形に。

  • フトイの扱い方がとても斬新。
    生け花なら決してこんな風には使いませんって‥‥。
    フラワーデザインの魅力にとりつかれたようです。

  • どんどん形になっていく楽しみに無我夢中。

  • オールラウンドで楽しめます。

  • こちらも同じ作品です。こんなに違います。
    その日の気分で角度をかえれば何度でも楽しめます。

  • 完成です!!

  • 活けながら香りが楽しめる‥‥今日はそんなラッキーなハプニング ? も‥‥。今日活けた花が咲き終わったら、次はどんな花を飾ろうか、皆さん、今から楽しみのようです。
    先生曰く「フラワーデザインの魅力は、日用品でも何でも利用して、どこにでも飾れる、応用がきくところですね。気軽にお庭の花も飾ってください」と。今回もまた先生のアイディアに脱帽です。花を楽しむ気持ち、十分に伝授して頂きました。
    ‥‥ではまた来月(^。^)/~~~.。

  • ※ 来月のフラワーデザインは 7月26日 です。
    来月はどんな作品が登場するでしょうか‥‥。
    乞う、ご期待。 お楽しみに(‘ω’)ノ
    ~参加申込みは前日(7月25日)までにお店へ~